4インチAndroid6.0スマートフォン誕生!プラチナバンドにも対応!gooのスマホ「g06」

MVNO

NTTレゾナントがやってくれました。
gooスマホの新モデルとして「g06(グーマルロク)」を発表。

gooのスマホ g06

何がすごいかって!
そりゃ、5インチサイズ標準とか言われている時に、4インチサイズを出してきてるとこ。
そして、その価格。
NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」のSIMカードをセットにして7800円で販売。



スペックはこんな感じ。

OS Android 6.0 marshmallow
CPU MT6737M クアッドコア 1.1GHz
ROM/RAM 8GB/1GB
外部メモリ micro SDHC /最大32GB
サイズ 約126×63.2×10.8mm
重量 約129g
ディスプレイ 4.0インチ, WVGA IPS液晶,
800 × 480ドット
カメラ アウトカメラ: 500万画素
インカメラ:200万画素
バッテリー容量 1,700mAh
ネットワーク ■LTE:B1(2100) / B3(1800) /B19(800)
■W-CDMA:B1(2100) / B6(800)
■GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
SIMスロット デュアルSIM(micro / micro)
WiFi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.0
センサー A-GPS
GPS
加速度センサー
近接センサー
輝度センサー(照度センサー)

ちょっと魅力的なのは、Android6.0への対応。
わざわざ、メーカーからのアップデートを待つ必要もないし、Android6に調整されて販売されているので、アップデート後に不具合が出たなどの問題も少なくなる。
ネットワークも、LTE 2.1GHz、1.8GHz、800MHz(プラチナバンド)対応しているので、田舎などの通信状態が悪いところでも安心。
デュアルSIM対応みたいだけど、LTE/W-CDMAで待ち受けできるのは片方のスロットルということなので、あまり意味が無いかな・・。
カラーは、標準色であるgooRed(グーレッド)他5色が用意され、その中から、もう1色を選択して出来るらしいが、がっちりカバーを付ける派の私としては、スマホの色などはあまり意味が無いと思ってる。

もちろんゲームとかはできません。
無理やりやっても動くでしょうけど、負荷がかかりすぎてバッテリーとか劣化が早いかも・・。
実際に試してはいませんが、このスペックでゲームをやろうという人は、まずいないでしょう。
独自アプリも入ってるみたいですが、容量8GBしかないのだから、容量確保のためにも、必要ないんだけど、NTTレゾナント株式会社さんとしてはビジネス的にもいろいろあるんでしょうけど・・。
プリインストールされてる独自アプリって消せるのかな?

対象としては、通勤時に気軽に片手持ちで、ニュースアプリやメールをチェックしたい方とかSNSやりたい人とかになるでしょうね。
後は、仕事用に、テザリング用として考えてもいいのかな。
バッテリーは、このサイズでこの価格では、仕方ないかな・・と思うけど、1,700mAhは少ないので、使わない時は、WI-FI切ったりして消費電力を調整していくか・・といった感じで、1日、もつのかな・・。
モバイルバッテリーは必須でしょうね。

また、今後、希望するのは、g06のアップ版として、メインメモリ2GB、ストレージ16MB、バッテリー容量2200mAhとして15,800円で発売されれば、即効で購入だけどな・・。



http://product.goo.ne.jp/smartphone/g06/

コメント