低価格スマートフォンに新たな旋風が!高機能割と高スペック!お買い得感ありのHuawei P8lite

Android

ファーウェイより格安スマホ「P8lite」の登場で、ますますMVNOを利用する方のメリットが増えたのではないでしょうか。

P8lite液晶画面P8lite裏
MVNOでも取り扱うところが増えていますし、何より、高機能/低価格でデザイン性も良い。

まず、驚くのが、5インチスマホの中では131gという軽さを実現。
その代わり、バッテリーが2200 mAhということで、ネット上でも、持ちが悪いという書き込みも見られます
これが、バッテリーばかりの問題なのか分かりませんが、今後のフォームウエアの提供で改善されれば言うことはないですね。
※定期的にネットへ接続するようなアプリがあれば、バッテリー消費は悪くなりますが・・。

ZenFone 2と比べるとスペック部分で価格差がありますので、性能的に見劣りしてしまいます。
ただ、ZenFone 5を検討していた(いる)人には、悩みどころがまた一つ増えることになりますね!

何より、一台の機種で複数SIMを利用できるデュアルSIM対応はすばらしいところ。
営業先で、プレゼン用にネットを利用する場合でも、キャリアによってはつながり方が全く違うので、ドコモ系SIMフリーやAU系SIMフリーなど使い分けが、これ一台で出来そうですね!

高さ:約143 mm

幅:約71 mm

厚さ:約7.7mm

重さ:約131 g

ホワイト、ブラック、ゴールド

Android™ 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.1

Hisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)

RAM:2GB / ROM:16GB

2,200mAh

LTE-FDD:約450h / WCDMA:約500h / GSM:約600h ※1

WCDMA:約13h / GSM:約20h ※1

約 5.0inch HD( 720 x 1280ドット)IPS (GFFフルラミネーション)

メインカメラ:1300万画素(開口部 F2.0/AF/BSI)

インカメラ:500万画素(開口部 F2.4/FF/BSI)

下り(受信時)最大150Mbps(LTE) ※2

上り(送信時)最大50Mbps(LTE) ※2

【 SIM1 (or SIM2) 】

FDD-LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28

TDD-LTE : B40

UMTS : B1/B5/B6/B8/B19

GSM : 850/900/1800/1900

 

【 SIM1 (or SIM2) 】

GSM : 850/900/1800/1900

※SIM1 / SIM2両方同時にLTE/3G対応はできません。

 

Wi-Fi:802.11 b/g/n 準拠

テザリング機能 / 最大接続台数:8台

Bluetooth通信:V4.0+LE

SIM / SD スロット:[Micro SIM スロット] + [Nano SIM / Micro SD 共用 (排他) スロット]

SDカード:Micro SD(最大32GB)

測位方式:GPS/AGPS/Glonass

センサー:加速度、近接、環境光、電子コンパス

ACアダプタ / USBケーブル / イヤホンマイク / クイックスタートガイド / 本体保証書 / ACアダプタ保証書 / SIMカードピン

icon-caret-square-o-right HUAWEI P8lite

コメント